出生前診断の種類

出生前診断の種類についての情報が満載です!

こちらのサイトでは、胎児がお母さんのお腹の中にいるときに染色体を調べて異常の有無を確認することができる出生前診断についてご紹介を行っています。
この検査には妊娠15週目以降に行われる確定検査、それ以前に行われる非確定的検査の2つがあり、非確定的検査の中には2013年度より新しく加わったNIPTやエコー検査、母体血清マーカー検査などの3種類があります。
こちらでは、それぞれの検査の方法についてご紹介します。

出生前診断の種類にはどのようなものがあるのか

出生前診断の種類にはどのようなものがあるのか 出生前診断とは、文字通り赤ちゃんがお母さんのお腹の中にいるときに行う検査の総称です。
出生前診断を行うことで、赤ちゃんの染色体の異常を早期発見することができるメリットを持ちます。
この検査には妊娠15週目以降に行われる確定検査と妊娠10週目から可能な非確定的検査の2つのやり方があり、非確定的検査にはエコー検査や母体血清マーカー、高い精度を期待することができるNIPTの3種類の方法があります。
NIPTでは血液の採取だけで調べることができる、診断の精度が高いなどの特徴を持ちます。
エコー検査は超音波計測機器を使って染色体疾患の可能性を調べるもの、母体血清マーカーは採血の結果に加えてお母さんの年齢や体重を加味して胎児の異常の有無の確立を求める出生前診断です。

出生前診断の種類とその特徴とはどのようなことか

出生前診断の種類とその特徴とはどのようなことか 出生前診断においては超音波による画像検査と染色体を調べる検査とがあります。
さらに染色体に関する検査ではいくつかの種類があり、その検査を行うことで診断が確定される確定検査と診断がつかない非確定検査とにわかれます。
出生前診断の場合、最初から確定検査が行われるのではなくまず非確定検査を行い、異常が見られた場合に行うという特徴があります。
これは確定検査の特徴として絨毛や羊水を検査しなくてはならず、お腹に針を刺して羊水などをとるからであり、流産や死産のリスクが低いわけではないためです。
絨毛では100人に1人、羊水では300人に1人の割合でリスクが生じることがあるので、慎重に検査を行わなくてはなりません。
絨毛検査では11週から14週の間に、羊水は15週から16週以降に行います。
出生前診断の種類の一つである非確定検査の特徴ではリスクはないものの、10週以降から18週までの間におこなわなくてはなりません。
主にダウン症や18トリソミーなどを検査の対象とし、結果が出るまでの期間は2週間程度となります。
血液検査や超音波によって検査ができるため流産などのリスクもなく、早くに現状を把握することができるため初期の段階で症状に気が付くことができます。

出生前診断の精度と染色体異常がわかる確率

出生前診断には非確定検査と確定検査があり、それぞれ細かくわかれています。
非確定検査の中にはコンバインドや母体血清マーカー、NIPTと呼ばれる新型出生前診断があり、この3つは母体の血液を採取することから流産や死産の確率は低いです。
これら3つの方法はダウン症候群、18トリソミーが対象であり、NIPTはこの他に13トリソミーが、母体血清マーカーでは神経管閉鎖不全症が判明します。
3つの方法で共通してわかるダウン症候群で比べると、NIPTは感度が99%、コンバインドが83%、母体血清マーカーが80%であり、より詳しく判明するのがNIPTになります。
確定は絨毛と羊水を採取し調べます。
羊水や絨毛を採取することから流産や死産のリスクはあるものの、感度は100%であり染色体疾患全般についてわかります。
非確定検査にて陽性もしくは偽陽性と出た場合に受ける必要があり、この結果によって胎児の状態を鮮明に把握することができます。

出生前診断を受けることで心の準備ができる 出生前診断を受けることで心の準備ができる

出生前診断は、妊娠10週目から行うことが出いますが、出生前診断を行うことで赤ちゃんを受け入れる心の準備ができるメリットがあります。
出生前診断でわかることは、赤ちゃんの染色体疾患の有無です。
具体的には700~1,000人に一人の割合のダウン症や、3,500~8,500人に一人の割合のエドワーズ症候群、5,000 ~12,000人に一人の割合のパトウ症候群の疾患があるかどうかが分かります。
これらの染色体疾患は35歳を超えてから出産する場合に、発症する確率が増加することがわかっています。
そのため特に高齢出産をされる方は、胎児に問題がないか心配になってしまうことでしょう。
出生前診断を受け、検査結果が陰性となれば、その後は染色体疾患の心配することなく安心して出産することができるようになります。
これは不安を抱えたままでいるのに比べて、大きなメリットと言えるでしょう。
また陽性となった場合も、今後の計画をしっかり立てていくことができます。

出生前診断は年齢制限があるのかないのかどちらか

胎児にも母体にも従来の検査と比べると負担が少ないと評価されている出生前診断は、妊婦の血液を使って胎児の染色体について調べることができる検査となっています。
しかし、通常は35歳以上にしか案内されることはないので、年齢制限があるのではないかと考えられてしまうことも珍しくありません。若年者の場合は、染色体異常の可能性が低いため、検査自体が必要ないと判断されてしまいがちだからです。
ただ、実際には出生前診断というのは血液を採取して行うだけなので、何歳の人でも受けることは可能です。だから、年齢制限はないので、自分が何歳かによって受けることができるかどうかというのを気にする必要はありません。病院によってもルールが違っているので、どこの病院でも何歳の人でも希望すれば検査を受けられるというわけではありません。
この場合、35歳未満の人の場合は認可施設以外のところを探し、そこに検査を申し込むというのが一般的な形となっています。

出生前診断で針を使うのはリスクがあります

出生前診断は高齢出産の1つのリスクでもあると言われる胎児の染色体異常を出産前に知ることができる診断検査です。
妊娠周期約9週目から22週目頃に実施され、診断は5つの項目にわかれ1、超音波検査です。この検査は超音波スクリーニングと呼ばれ胎児の形成異常を診断するもの2、母体血清マーカーテストは、妊婦の血液を基に胎児の染色体異常の確立を調べる検査3、羊水検査は先程のマーカーテスト等の染色体異常の確定判断に用いられ、妊婦の腹部に針を刺し子宮内羊水を採取し胎児の細胞成分を慎重に分析します4、絨毛検査は先程の羊水検査と同じ確定診断に欠かせないもの5、新型出生前診断は、2013年に認可された妊婦から血液採取する診断で、35歳以上かつ過去に染色体異常の子供を出産経験がある方等が対象です。
針を腹部に刺す羊水検査は全ての異常を発見できるものではなく、子宮に小さいながらも穴を開けるため流産や早産のリスクが伴うと言われています。

出生前診断をするときに重要となる検査精度

妊娠することができると赤ちゃんを出産できる状態になりますから、多くの夫婦が喜びに満ち溢れると考えられます。
しかし健康的な赤ちゃんなのか事前にチェックしておかないと、先天性の疾患を持っている状態で誕生してくる可能性も否定できないです。
どのような赤ちゃんでも問題ないと考えているケースは少なくありませんが、実際に誕生させることで成長させていかないといけませんから、現実的な問題に直面することも珍しくありません。
そのような状態になるのを防ぎたい場合は、出生前診断をすることで簡単に問題を解決することが可能です。出生前診断をすることで赤ちゃんがどのような状態になっているのかチェックすることができるので、先天性の疾患の有無についても把握することができます。
検査精度が気になるかもしれませんが、検査の内容で精度にも大きな違いがありますから注意が必要です。羊水検査などは確定的検査に該当してきますから、当然ながら100%に近い検査精度になってきます。

出生前診断を実施することの問題点とはなにか

新型出生前診断とは、母体から血液を採取し特定の染色体異常の有無を、胎児の出生前に確認し特定の遺伝病のリスクを判定する検査のことです。
現在では特定の遺伝病である3種類について適用されています。かつては染色体異常を検査するには羊水を採取する必要があり、母体へのリスクが指摘されて頻繁に実施されるものではありませんでした。
しかし新型出生前診断の登場で様相は一変し、肉体への負担を顧慮することなく確認することができるようになっています。新型出生前診断の問題点は、遺伝子異常が検出されたペアの多くが中絶を選択している点にあります。
最近の初産年齢は高齢化し、30代を超えるようになっています。そのことはダウン症などの遺伝病のリスクが統計学的に高くなる事が明らかになっているのです。
つまり社会的にダウン症患者などを排除することにつながらないか、究極的には生命に選別に加担することになるのではないか、などの解決困難な課題を突きつけているといえます。

出生前診断の人気が高くなっている背景は何なのか

妊娠中に受ける出生前診断の人気が高くなっています。これは母体から採血した血液で胎児の染色体異常などの問題を調べることができる検査です。
人気が高くなっている背景は、胎児の健康状態をしっかり把握したいと考えている親が多いからになります。生まれてくる前に健康状態をチェックをして、染色体異常があれば生まれてくる前に準備をすることができるので正しい判断です。
ただ、出生前診断の結果で中絶を選択してしまう問題があります。ダウン症より健康な赤ちゃんの方が良いに決まっていますが、それでも必死に生まれようとする命を奪うことはあってはなりません。
周りのサポートがあればしっかり育てることができるので、中絶は特別な事情がある場合にだけするべきです。
検査精度は非常に高いので、出生前診断で問題があればかなりの確率でダウン症の赤ちゃんが生まれるわけですが、安易に中絶を選択するのは親である前に人間として問題があると言えます。

出生前診断を利用する妊婦の気になる割合とは

妊娠をすると嬉しい気持ちになると考えられますが、赤ちゃんの状態がどうなっているのか、出産する前にチェックしておかないといけないです。
出生前診断をすることで簡単に、赤ちゃんの状態をチェックすることができますから、安心して出産することができます。
どのくらいの割合で出生前診断をしているのか気になるかもしれませんが、一般的には100%に近い形でおこなわれていると考えておいて問題ないです。
出生前診断にはいろいろな種類があり、エコー検査なども該当してきますから、基本的にはすべての妊婦が経験することになると考えられます。
詳しい検査をすることで、正確な内容で赤ちゃんの状態をチェックすることができるので、そのレベルまでになると割合も少なくなるはずです。
日本では女性が社会進出していることも影響して、高齢出産になることも珍しくありませんから、そのような状態になると赤ちゃんが何かしらの問題を抱えていることがあります。
そのため高齢出産の場合は、正確な内容で検査できる出生前診断を利用するのが大切です。

新型出生前診断をうけることで中絶を選択することも

現在医療をもってしても治療法が解明されていない難病は数多くあります。他方で治療法は解明されていないもの、発症原因となっている遺伝子異常が同定されている病気も、増えるようになってきました。
特定の染色体に異常があることで発症することが知られている失陥の一つにダウン症があります。この病気は先天的に心臓などに異常をもっていることが多く、合併症のリスクも高いためかつては大人に成長するより前に泣くなることが多い病気でした。
最近では医療の進歩で長期間生存し寿命を全うすることも珍しくなりつつありますが、根治治療が発見されていない状況は今もかつても変わりはありません。
そのために出生前に新型出生前診断を受けることで、発症リスクを予想するペアが増加するようになりました。新型出生前診断で遺伝子異常が発見されるとほとんど事例で中絶手術を選択しています。
もちろん中絶しないで出産に至るケースはあるものの、事実上の生命の選別がなされている、との根づよい批判がされているのです。

おすすめの新型出生前診断情報サイト

出生前診断は愛知でできます

新着情報

◎2022/10/12

情報を更新しました。
>出生前診断をするときに重要となる検査精度
>出生前診断を実施することの問題点とはなにか
>出生前診断の人気が高くなっている背景は何なのか
>出生前診断を利用する妊婦の気になる割合とは
>新型出生前診断をうけることで中絶を選択することも

◎2020/12/23

染色体疾患か判明する確率
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

出生前診断の種類|確定検査
の情報を更新しました。

◎2020/8/3

母体血清マーカー検査
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「診断 種類」
に関連するツイート
Twitter

【肌質診断】男性用!簡単診断で普通・乾燥・脂性・混合の4種類に分類し、種類別の対策・改善方法を紹介!!  乾燥肌だ〜。紹介されてる化粧水に変えようかな。

『カメラの種類診断(初心者向け)』で診断してみませんか? 診断チャートはこちらから⬇

私は みんなは何ピザ?当たってた?

私は みんなは何ピザ?当たってた?